シポテックス工法

シポテックスとは、アモルファスシリカ・天然石材・セラミックサンド・セメント等の混合パウダーに、常温架橋型特殊変成合成樹脂エマルジョンを練り混ぜた無機系の水和反応硬化型複層仕上げ塗材です。
シポテックス工法は、シポテックスをコンクリート・モルタル・ブロック等のセメント製品に塗布して、表面を自然石調に仕上げるコンクリート保護化粧工法です。

特長

  • 耐候・耐久性に優れています
    主成分がアモルファスシリカ・天然石材・セラミックサンドなどの無機質材と特殊変成樹脂で構成されているため、耐候・耐久性に優れ、美しさを長期間保持します。 (耐候性・耐凍害性試験データ)
  • 強靱な付着力
    特殊変成樹脂の付着力と水和反応硬化作用により、基体のコンクリートに空隙の全くない状態で完全に密着します (透過偏光顕微鏡写真) 。そのため、その耐久性と相まって長期にわたり強固な付着力 を維持します。 (付着力試験データ)
  • コンクリートの劣化・中和化防止に効果的
    防水効果 (透水試験データ) と耐久性及び密着性により、コンクリートを長期にわたって保護するので、コンクリートの劣化・中和化防止に効果的です。
  • 各種自然石調・カラーアート仕上げ等多彩な表面仕上げが可能
    各種御影石・大理石・琉球ストーン (トラバーチン・コーラルサンド) 等、豊富で多彩な自然石調の再現が可能です。また、セラミックスカラーサンドや無機顔料と組み合わせて、多彩なカラーアート仕上げも可能です。
  • 金属・FRP表面にも施工できます
    金属・FRP等にも施工が容易です。鋼材の場合、防錆対策にも効果があります。

施工例

港湾・海岸 - 護岸の耐久性と親しみやすい修景をかねて

施工場所
今宿海岸 (福岡県)
事業主体
福岡県
施設名
運今宿海岸階段工
施工年度
平成7年度
施工場所
由良港 (和歌山県)
事業主体
和歌山県
施設名
由良港 階段護岸・遊歩道
施工年度
平成15年度
施工場所
鯛ノ浦漁港 (長崎県)
事業主体
長崎県
施設名
鯛ノ浦漁港浮桟橋
施工年度
平成14年度

河川・砂防 - 河川における景観の向上に

施工場所
阿武川 (山口県)
事業主体
山口県
施設名
河川高水護岸
施工年度
平成10年度
施工場所
自光寺川 (山口県)
事業主体
大島町
施設名
砂防ダム
施工年度
平成8年度
施工場所
弁天川 (千葉県)
事業主体
千葉県
施設名
河川護岸
施工年度
平成17年度

道路・公園 - 親しみやすさに加え、構造物の耐久性アップ

施工場所
大河内川 (山口県)
事業主体
山口県
施設名
人道橋
施工年度
平成8年度
施工場所
常磐線植田橋内地下道 (福島県)
事業主体
福島県
施設名
地下歩道
施工年度
平成9年度
施工場所
安良波公園 (沖縄県)
事業主体
北谷町
施設名
野外ステージ
施工年度
平成6年度

シポテックス工法の種類

表面仕上げの種類

シポテックス工法の表面仕上げには材料の塗布量、骨材の粒径、表面処理法により3通りの種類があります。

  • 平吹き仕上げ
    標準仕上げ厚さ2mm
  • カット仕上げ
    小柄仕上げ:標準仕上げ厚さ2mm
    大柄仕上げ:標準仕上げ厚さ3mm

ナチュラルストーンシリーズ

T1-Wh 白御影
平吹き

T1-B 黒御影
平吹き

T1-LBr 薄茶御影
平吹き

T2-Wh 白御影
カット/小柄

T2-Br 茶御影
カット/小柄

T3-Re 赤御影
カット/小柄

T3-LGPi 薄翠桜御影
カット/小柄

T2-OGy 灰御影
カット/大柄

T3-ORe 赤御影
カット/大柄

※ 石調は、ここに掲載以外にも豊富なバリエーションをご用意できます。

※ 写真と実物とは若干異なる場合があります。

琉球ストーンシリーズ

R-Ad アダン
平吹き/コーラルサンド調

R-Yu ユウナ
カット/コーラルストーン調

R-Ij イジュ
カット/トラバーチン調

化粧目地の種類

化粧目地の施工も容易で2種類あります。目地色は黒、白、グレーの3種類があります。

  • 布目地 (ブロック張り調)
    サイズ:600mm×400mm以上
  • 網目地 (石張り調)
    サイズ:φ300~400mm程度

化粧目地を施工する場合は、シポテックス下地目地材を吹き付けてから目地貼りを施し、シポテックス主材を吹き付けます。

網目地 (黒)

網目地 (白)

布目地 (グレー)

カラーアート仕上げ

シポテックスをセラミックスや無機顔料と組み合わせることにより、多彩なカラーアート仕上げもできます。

深浦港 (青森県)

北浦海岸 (沖縄県)

施工方法及び材質性能試験結果

施工方法

シポテックスの標準施工方法は下図の手順により行います。

  • 施工面 (吹付面) が劣化していたり、程度の大きい凸凹や亀裂・ひび割れ等がある場合は、別途に下地補修 (カッティング、下地材吹き、コーキング材充填等) を行う必要があります。
  • 下図は、化粧目地を施し、表面をカット仕上げする場合の施工手順です。

性能試験結果

試験項目 準拠規格 JIS A 6909で求められる品質 試験結果
初期乾燥によるひび割れ抵抗性 JIS A 6909 ひび割れがないこと 異常なし
付着強さ 標準状態 (複層仕上げ塗材) 0.5N/mm2以上 2.3N/mm2
浸水後 0.5N/mm2以上 2.9N/mm2
温冷繰り返し作用に対する抵抗性 剥がれ・ひび割れ及び膨れがなく、かつ、著しい変色及び光沢低下がないこと。 異常なし
透水性 B法 0.5ml以下 0.1ml
耐衝撃性 ひび割れ・著しい変形及び剥がれないこと。 異常なし
耐候性 B法 (耐候型2種)
(照射時間:1000時間)
照射時間1000時間で、塗膜に、割れ・剥がれ・膨れがなく、かつ、大きな変色がなく、光沢保持率は80%以上で、白亜化度が8点以上であること。 異常なし
当社試験
(照射時間:4000時間)
照射時間を4000時間にして上記規定の変化度を調べた。 異常なし
耐アルカリ性 A法 JIS A 6909 割れ・膨れ・剥がれ及び軟化容出がなく、侵されない部分に比べて、くもり及び変色がないこと。 異常なし
(薄付仕上げ塗材)
耐凍害性 トップコート吹付温冷繰り返し作用に対する抵抗性気中凍結気中融解法最大300サイクル JIS A 1435 規定なし ひび割れ・剥がれ・膨れ等の外観観察に異常はなかった。質量変化も1.2%以下
耐摩耗性 JIS K 7204 規定なし 摩耗質量:506mg (1000回)
摩耗厚さ:0.4mm (1000回)