総合技術研究所

Research Institute

土木・地盤・ブロック環境の3事業の
研究開発を担う総合技術研究所

弊社研究所は1969年に産声を上げました。当時はわが国でコンクリートブロックが使われ始めた時期であり、テトラポッドを現場で効果的にご使用いただくための研究をスタートとして活動してまいりました。これまでにブロックや海岸・港湾構造物に関して多くの研究成果を世に送り出し、社会のお役に立てたと考えています。

2018年には土木・地盤・ブロック環境の3事業の研究開発を担う総合技術研究所として再スタートしました。これまでに弊社では、道路、鉄道、エネルギー施設などの陸上土木分野、港湾・空港、人工島などの海洋土木分野における豊富な技術と実績により、さまざまな社会基盤を拓いてきました。
また、1956年に世界で初めてサンドコンパクション工法の開発に成功して以来さらなる研究開発を重ね、地盤のエキスパートとして豊富な設計施工技術と施工実績を重ねてきました。
総合技術研究所は、これまで培ってきた多方面の技術とノウハウをさらに高め、独自の技術と創意工夫で、社会や顧客のニーズに沿った社会に貢献する新しい技術を提供するために、取り組んでまいります。

総合技術研究所~社会に貢献する新しい技術~(3MB)

グループ紹介

弊社では、各事業における独自の技術とノウハウを有する分野、すなわち土木事業では陸海の土木施工技術及び環境修復技術について、地盤改良事業では砂杭系及び固化処理系の地盤改良工法について、ブロック環境事業では消波及び被覆ブロックや海岸港湾構造物についての研究開発を中心に行っています。

海洋・水理グループ

グループ紹介

海洋・水理グループでは、海や河川において波浪や流れに曝される構造物(主に消波ブロックや被覆ブロック)の水理安定性や水理機能に関する研究開発を行っています。所有している実験水槽(断面水槽4本)を最大限に活用することで水理現象を詳細に把握するとともに、数値解析を併用してその機構を解明することで,実用的で信頼性の高い技術開発を行っております。沿岸域の開発では環境や生態への配慮は不可欠です。ブロックの開発では環境へ配慮した形状を採用するとともに、施工後にも海藻やサンゴ着生などの環境共生効果の確認のための長期にわたるモニタリングを続けています。また、近年全国的に藻場が消失する現象(礒焼け)が問題となっており、その対策の研究も行っています。

  • 水理模型実験例(消波ブロックの安定実験)

  • 数値解析例(防波堤まわりの流動場)

  • ペルメックス上に着生したコンブ類

  • テトラポッドに着生したサンゴ類

環境修復グループ

グループ紹介

環境修復グループでは、環境修復事業に係る新技術の開発を行っています。
近年では、土壌汚染浄化事業に注力し、浄化薬剤・浄化工法の開発を主に行っております。新規薬剤の開発、分解試験、測定などの室内試験を行うための施設として材料化学実験棟、大規模な施工実機を用いた浄化試験を行う施設としては第3実験棟があります。

  • 土壌浄化イメージ

  • 移流拡散解析

地盤グループ

グループ紹介

地盤グループでは、地盤事業に係る新技術の研究開発を行っています。
不動テトラは多種多様な50種類以上の地盤改良工法を保有し、あらゆる地盤の課題に取り組んでいます。新技術の開発を行うための施設として、地盤材料の室内試験を行う材料化学実験棟、小規模な土槽を使用した実験や施工機械の動作確認を行う実験棟、実際の施工機で現場実験を行う多目的試験フィールドを保有しています。

材料・構造グループ

グループ紹介

材料・構造グループでは、消波ブロックの構造強度に関する調査研究を行っています。消波ブロックは波浪によって損傷しないよう、十分な強度を有することが要求されます。しかし、消波ブロックの構造性能は、未だに全容が明らかにされていないのが現状です。当グループではその解明に向け、実寸大ブロックを用いた静的載荷試験や落下実験、構造解析等を実施しています。

  • テトラポッドの落下実験

  • テトラポッドの静的載荷試験

また、国土交通省が進めているトップランナー施策である「ICTの全面的な活用」を消波工にて実施するため、CIMの導入に向けた研究や、ICT技術を活用した消波工の維持管理方法の検討を土木事業本部技術部と協力して行っています。

基盤技術グループ

グループ紹介

基盤技術グループでは、中長期的に利用可能な汎用技術等の調査研究を行っています。
海洋資源の有効活用の研究、地球温暖化による海面上昇や波浪の激甚化に伴う砂浜の消失対策、少子高齢化の進展と生産年齢人口の減少に対応した生産性向上と省力化に資する技術開発などを進めています。

知的財産グループ

グループ紹介

知的財産グループでは、特許・意匠・商標等の産業財産権に関する業務を取り扱っています。
土木事業、地盤事業、ブロック環境事業における研究開発の成果を適切に保護するとともにそれらを有効活用することで更なる事業の拡大を目指しています。

主要な施設

当研究所は、1969年の設立と同時に、平面水槽1面と断面水槽1本を所有し、研究をスタートしました。その後、研究分野が多岐に亘るようになり、断面水槽を増設し、構造物の設計法の高度化・高精度化に対応するために、不規則波造波技術、多方向不規則波造波技術をいち早く取り入れました。現在では、第1、2実験棟に装備された4本の断面水槽を駆使して、海洋土木やブロック関連の研究開発を行っています。
2017年には、地盤改良の技術開発のための多目的試験フィールドを整備しました。これにより、新工法の改良効果の確認実験で必要な条件に合った土を入れ替えて地盤を作ることが可能となりました。一定した地盤条件での実験による効果検証の確実性向上、試験工程の制約がなくなることによる開発のスピードアップにつながっています。
2018年には、陸海の土木技術、環境修復技術、地盤改良技術の研究開発用に第3実験棟と材料化学実験棟を整備し、各種の室内試験に使用しています。

第1実験棟 / 水理実験施設

断面水槽は4本あり、不規則波造波装置が備え付けられています。
また、全ての水槽には、オールボー大学(デンマーク)で開発された最新鋭の反射波吸収式造波制御システムが導入されており、不規則波を対象とした高精度な実験が可能です。

第一大型断面水槽
水槽諸元 長さ55m×幅1.2m×高さ1.5m
造波機仕様 ピストン型 (ACサーボモータ駆動)
発生波 規則波、不規則波
波浪諸元 規則波最大波高 H=50cm
最大有義波高 H1/3=30cm
第二大型断面水槽
水槽諸元 長さ50m×幅1.0m×高さ1.5m
造波機仕様 ピストン型(ACサーボモータ駆動)
発生波 規則波、不規則波
波浪諸元 規則波最大波高 H=50cm
最大有義波高 H1/3=30cm

※ 津波発生装置(ポンプ式、チャンバー式)を装備

第2実験棟

断面水槽2本と構造実験施設が装備されています。断面水槽には最新鋭の反射波吸収式造波制御システムが装備されており、不規則波を対象とした高精度な実験が可能です。構造実験施設では、実寸大ブロックを用いた構造試験などを実施しています。

中型断面水槽
水槽諸元 長さ50m×幅1.0m×高さ1.3m
造波機仕様 ピストン型 (ACサーボモータ駆動)
発生波 規則波、不規則波
波浪諸元 規則波最大波高 H=40cm
最大有義波高 H1/3=25cm
小型断面水槽
水槽諸元 長さ29m×幅0.5m×高さ1.0m
造波機仕様 ピストン型(油圧駆動)
発生波 規則波、不規則波
波浪諸元 規則波最大波高 H=30cm
最大有義波高 H1/3=15cm
構造実験施設

載荷試験機、1,000kN圧縮試験機、門型クレーンの設備があります。

第3実験棟

屋内の広いスペースを必要とした各種実験や動作確認に使用しています。

外観 / 施設内
地盤グループ

小規模な試験土槽を使用した実験や、機械要素の動作確認などを行っています。

環境修復グループ

室内試験レベルで浄化反応がうまく進行しても、スケールアップした途端、浄化反応が進まなくなることがあります。そのため、施工実機を用いても反応性等が変化しないことを確認するために大規模な浄化試験を行っております。

材料化学実験棟

各種工法で使用する薬剤や土木資材の試験、フィールド実験後の性状試験、現場で採取したサンプルの分析などに使用しており、必要となる試薬の保管や機器を設置しています。

外観
地盤グループ実験室

SAVE-SP工法で用いる流動化砂の配合試験・固化材混合土の配合試験・その他の基礎試験を行っています。

  • 地盤グループの試験装置例

環境修復グループ実験室

浄化薬剤・浄化工法の開発のための室内試験を行っています。また、実際の現場から汚染土壌を採取し分解試験なども行っております。そのため、材料化学実験棟には多種多用な実験に必要な試薬や、分析機器、その他実験器具が設置されています。

多目的試験フィールド

新工法の開発においては、対象の工法が所定の改良効果・施工性能を有することを確認するため、現場実験を必要としますが、必要な地盤条件を有する試験場所の確保に時間を要する場合があり、適切な地盤条件で迅速に実験を実施できる環境を整える必要がありました。
このたび、総合技術研究所内に多目的試験フィールドを整備しました。その都度条件に合った土質の土を入れ替えて地盤を作ることが可能となり、一定した地盤条件で実験を行うことによる効果検証の確実性が向上、試験工程の制約がなくなり開発のスピードアップが期待できます。

  • 実験状況

  • 試験杭の出来形掘削状況

堀川文庫

「堀川文庫」は、堀川清司工学博士よりお預りした先生の蔵書を保管すべく、1995年4月に当研究所内に開設されました。先生の永年にわたる、幅広い御研究の中で収集されてきた、約1万4千冊に及ぶ国内外の貴重な文献・図書が所蔵されており、開所以来、当社社員はもちろん、多くの研究者の方に利用されています。
詳細は、当研究所にお問い合せください。

堀川清司 プロフィール

氏名:堀川 清司 (ほりかわ きよし)
現職:日本学士院会員/東京大学名誉教授/埼玉大学名誉教授/武蔵工業大学名誉教授
堀川清司博士は,国内のみならず世界的にも海岸工学研究の第一人者で、長年に亘ってこの分野の研究をリードされています。また、教育面においても大学設置・学校法人審議会などで、多大なる貢献をされております。

ご略歴
1952年 3月
東京大学工学部土木工学科卒業
1964年 6月
東京大学から工学博士を取得
1967年 6月
東京大学工学部教授
1984年 4月
東京大学工学部長
1988年 3月
東京大学を停年退官
1988年 5月
東京大学名誉教授の称号を授与
1992年 3月
埼玉大学長に就任
1998年 5月
埼玉大学名誉教授の称号を授与
1998年 9月
武蔵工業大学長に就任
2004年 9月
武蔵工業大学名誉教授の称号を授与
2007年12月
日本学士院会員に選定
学外委員
1960年 2月
総理府資源調査会専門委員
1971年11月
海洋開発審議会専門委員
1973年10月
文部省工学視学委員
1974年 2月
学術審議会専門委員
1975年 3月
日本学術会議中央選挙管理会委員
1976年11月
運輸技術審議会専門委員
1977年 5月
文部省短期大学視学委員
1978年 3月
高等専門学校審議会委員
1978年 7月
大学設置審議会委員
1979年 9月
日本学術会議力学研究連絡委員会委員
1981年 7月
日本学術会議水力学・水理学研究連絡委員会委員
1985年 5月
宇宙科学研究所評議員
1985年 7月
日本学術会議災害工学研究連絡委員会委員
1993年 5月
大学設置・学校法人審議会委員
学会関係
1983年 6月
土木学会理事
1987年 6月
土木学会副会長
1989年 6月
土木学会会長
表彰歴
1969年 5月
土木学会論文賞
1981年10月
米国土木学会 (ASCE) 国際海岸工学賞
1984年11月
文部大臣表彰 (産業教育百年記念)
1987年10月
東京都科学技術功労者表彰
1990年12月
交通文化賞 (運輸大臣)
1992年 5月
特別功労者表彰 (日本港湾協会)
1993年 3月
土木学会名誉会員
1993年 4月
紫綬褒章
1997年 7月
日本学士院賞
1997年10月
米国土木学会 (ASCE) 名誉会員
1999年 5月
土木学会功績賞
1999年11月
文化功労者顕彰
2004年11月
瑞宝重光章

発表論文

論文題 著者名 学会・刊行物名
模型実験において鉱石モデルの揚鉱速度を計測するRFIDシステムの開発菅章悟, 折田清隆(東京海洋大),谷和夫(東京海洋大),鈴木亮彦,田中肇一第44回海洋開発シンポジウム
砂杭打設の載荷履歴が液状化強度特性に及ぼす影響武田尚也,原田健二,矢部浩史,中出雄也,古関潤一(東京大)2019年度土木学会国大会第74回年次学術講演会
静的締固め砂杭工法による単粒度砕石杭の液状化強度特性朝妻涼,吉富宏紀,山下勝司,原田健二日本建築学会 2019年度日本建築学会大会(北陸)
粒子構造と粒子形状がひずみの発達過程と損失エネルギーに及ぼす影響日下部真佑,出野智之,原田健二,矢部浩史,江副哲2019年度土木学会全国大会
エジェクター吐出方式深層混合処理工法による低変位施工 その2(配合設計)出野智之,村上恵洋,伊藤竹史第54回地盤工学研究発表会
軟弱地盤改良工事における施工時調査による設計変更事例田中隼矢,杉野秀一第33回日本道路会議
直接基礎建物の深層混合処理工法による設計事例山下勝司,吉富宏紀2019年9月号基礎工 特集「建築物のための改良地盤の設計及び品質管理指針」の改訂 株式会社総合土木研究所
狭隘な山間部における砂防堰堤基礎の地盤改良田口雄一,秋間健,鈴木雅晴,中島昭雄基礎工(総合土木研究所)
粒子構造と粒子形状が液状化強度と損失エネルギーに及ぼす影響 ―SCP工法による改良効果の視点から―原田健二,江副哲,矢部浩史,出野智之,日下部真佑2019日本地震工学会研究発表会
Observation on consolidation settlement of ground improved by Sand compaction pile and Prefabricated vertical drain applied Dhaka MRT Line 6今井優輝,栗木実、奥田光秋、ShahjahanThe 4th International conference on Geotechnics for Sustainable Infrastructure Development  (Geotec Hanoi 2019)
Effect of SCP improvement geometry on mitigation of liquefaction-induced embankment settlement (盛土の液状化被害軽減におけるSCPの幾何学的改良効果地震応答解析事例)原田健二,李楊・北詰昌樹・高橋章浩(東工大)The 4th International conference on Geotechnics for Sustainable Infrastructure Development  (Geotec Hanoi 2019)
締固め砂杭による周辺地盤への変位影響と対策事例【建築工事など都市部】出野智之,村上恵洋,雑賀光洋基礎工 10月号(総合土木研究所)
不動テトラのICT地盤改良古庄哲士,今給黎健一土木施工 編集部
テオフィリンを配位子としたマイクロ粒子型パラジウム吸着剤貝掛勝也(神奈川大学),高田将文,金仁華(神奈川大)第30回廃棄物資源循環学会 研究発表会,p.237 2019年9月19日(木)〜9月21日(土)
APPLICATION OF TRANSFORM REACTION OF DICALCIUM PHOSPHATE DIHYDRATE (DCPD) FOR ON-SITE REMEDIATION TO FLUORIDE-POLLUTED SOILMasamoto Tafu・Saki Nakada・Yuya Hata・Takeshi Toshima(富山高専),Masafumi Takada,Yoshiaki Hagino,Takaharu Matsuoka・ Yoshiki Shimizu(ダイキン工業)Geo-Environmental Engineering 2019 Concordia University, Montreal, Canada, May 30-31, 2019
Effect of fluorapatite (FAp) coating on transform reaction of dicalcium phosphate dihydrate (DCPD) to FApN. Okajima・M. Tafu・S. Takamatsu・T. Toshima(富山高専),M. Takada,Y. HaginoThe 2nd Global Forum on Advanced Materials and Technologies for Sustainable Development (GFMAT-2) and the 4th International Conference on Innovations in Biomaterials, Biomanufacturing and Biotechnologies July 21–26 in Toronto, Canada.
狭隘なシールド坑内から泥水式推進機を分岐発進 -名古屋市下水道 ほのか雨水調整池流入管-河合克敏(名古屋市下水道局),植手照博(不動テトラ・徳倉・東海特別共同企業体ほのか雨水幹線作業所),西田 克司トンネルと地下 2020年2月号 株式会社 土木工学社
長周期波対策マウンド構造物の反射率推定式の提案三井 順,長谷川巌(エコー),田中真史,松本 朗土木学会論文集B2 (海岸工学) Vol.75,No.2 pp.787-792
消波工の空隙率が波高伝達率および反射率に及ぼす影響荒木進歩・渡邊大輝(大阪大),久保田真一土木学会論文集B2 (海岸工学) Vol.75,No.2 pp.793-798
津波の流れに対する被覆ブロックのイスバッシュ数に関する水理模型実験三井 順,間辺本文(漁港新技術),大井邦昭(技研興業),岡野谷知樹(日本コーケン),平山隆幸(三省水工),松下紘資(日建工学),古市尚基・大村智宏(水工研)土木学会論文集B3 (海洋開発) Vol.75,No.2 pp.367-372
防波堤に設置した防波柵の伝達波低減効果とケーソン作用波力三井 順,久保田真一,松本 朗,小山裕文,古路裕子・中口彰人(日本パーツセンター),楳田真也・斎藤武久(金沢大)土木学会年次学術講演会 (第74回) Ⅱ-111
津波越流に対する防波堤マウンド被覆ブロックの安定性に及ぼす津波波形の影響三井 順,久保田真一,松本 朗土木学会年次学術講演会 (第74回) Ⅱ-184
サンゴ礁域における食物網の推定-その2-伊藤 靖(漁村総研),柴田早苗,當舎親典(漁村総研),完山 暢(水産土木建設技術センター)日本サンゴ礁学会大会講演要旨集 (第22回)
サンゴ礁の魚類の育成場としての機能伊藤 靖(漁村総研),柴田早苗,深瀬一之(水産レポート)2019年度 日本水産工学会学術講演会講演要旨集 pp.19-20
Stability of Armor Units Covering High-mound Composite Breakwaters Against Tsunami Overflow三井 順,久保田真一,松本 朗Coastal Structures Conference 2019
Introduction of Wave-dissipating Block Technologies Developed in Japan and Dissemination Activities Abroad竹内聖一,冨永 準(三省水工),滝 泰臣(日建工学),高橋 世(消波根固ブロック協会)PIANC Yearbook 2018, Technical Articles Japan 2018, pp.114-130
Isoyake Recovery Technique using artificial substrata in Japan橋本 牧・間辺本文(漁港新技術),綿貫 啓(アルファ水工),林 裕一(岡部),細澤豪志(海中景観),岡重文久(海洋土木),権田泰之(木曽興業),伊藤勝一(三省水工),田島 武(神鋼建材),福井洋介(太平洋マテリアル),寺島知己(中山製鋼),西村博一(日建工学),城越徹矢(日本リーフ),青田 徹The International Conference on Fisheries Engineering 2019,P06 (poster)

アクセス

総合技術研究所
住所:〒300-0006 茨城県土浦市東中貫町2-7
TEL:029-831-7411
  • JR常磐線「神立」駅よりタクシー約10分
  • JR常磐線「土浦」駅よりタクシー約20分