安全への挑戦

安全品質環境本部長メッセージ

建設業において、安全はすべてに優先させるべき命題であることはいうまでもありませんが、2021年の労働災害発生状況は、死亡者数・死傷者数とも増加に転じており、当社においても、休業が必要となる災害が複数件発生してしまっています。
2021年度は、『 目の前の その行動 この設備 指差呼称で互いに安全確認 』を最重点実施事項と定め、3ない管理(黙認しない・妥協しない・放置しない)に徹した現場巡視を行い、危険の芽をその日その場で摘み取る活動を行ってきましたが、今後も新たなスローガンを掲げ、一緒に働く仲間を守るために活動していきます。
また、安全・品質・環境の各マネジメントの仕組みを常に改善してその水準の向上を図り、経営トップ・店社・そして作業所が一丸となって、社内外の新しいニーズに対応していきます。

安全品質環境本部長 平野博明

安全衛生方針

不動テトラは、不動テトラ労働安全衛生マネジメントシステム「COHSMS」を制定し、次の方針に基づき労働安全衛生活動を実践しております。

当社は、土木事業、地盤改良事業およびブロック環境事業の3事業が協調し、海に陸に、持続的な成長を目指します。それぞれの事業が社会に貢献し建設業に課せられた役割・使命を果たし、期待と信頼に応える企業となるべく努力します。
人命尊重の理念のもとに『安全最優先』で事業活動を行い、協力会社と連携して、労働災害および公衆災害の絶滅、工事事故の防止、働く人たちの健康増進ならびに職場環境の改善に努め、社会からの信頼を得るとともに会社の永続的発展を目指します。

  1. 従業員の協議・参加のもと危険源を除去し、労働安全衛生リスクを低減することで、安全で健康的な労働条件を提供し、全従業員の一人ひとりが意識を高め、安全衛生活動を自ら推進し、無事故・無災害の職場づくりを進めます。
  2. 職場でのリスクアセスメントを実行し、労働安全衛生マネジメントシステムの適切な運用により、負傷、疾病の防止および労働安全衛生マネジメントシステムの継続的改善に努めます。
  3. 心とからだの健康づくりに取組み、快適で明るく働きがいのある職場環境をつくります。
  4. 法的要求事項およびその他の要求事項を確実に順守します。
  5. 安全衛生方針の達成のため、安全衛生管理計画にて安全衛生目標を設定し、必要に応じて見直します。
  6. この安全衛生方針は、全従業員に周知するとともに外部の人にも公開します。

安全目標

  1. 死亡災害:0件
  2. 公衆災害:0件
  3. 災害発生件数: 休業 4日以上 1件以内(統計内)、休業 1日〜3日 2件以内(同上)、休業 0日 5件以内(同上)

安全成績

2020年度は前年度と比べ労働災害傷病者が増加し、度数率は1.5、強度率は0.13と、ともに増加しました。
今後も安全衛生方針のもと、労働災害および公衆災害の撲滅、工事事故の防止を目指します。