袋型根固め工用袋材(キョーワ式フィルターユニット S型・標準型・強化型・マット型)

当社では、河川を中心に広く利用されている袋型根固め工の袋材のトップブランドである「キョーワ式フィルターユニット」の販売代理店を行っています。

さらに、同製品の製造メーカーであるキョーワ株式会社と波動作用下における利用を念頭においた袋型根固め工用袋材「フィルターユニットS型」の共同開発を行い、総代理店として海での袋材の普及拡大に努めています。海での袋材の使用には、耐波安定性・耐磨耗性に優れた「フィルターユニットS型」をお勧めいたします。

特長

  • 拘束ロープ採用により中詰材の動揺を抑止して、波作用時の安定性を向上させます
  • 破断防止構造として「2ウェルラッセル網地」を採用し、耐磨耗性を従来製品比で約30%向上させます
  • 被覆工の重量算定計算に必要となる安定性パラメータ (Ns値) を明示します。
  • 柔軟な構造体のため、設置面との馴染みが良く、荒均し程度の地盤凹凸でも据付可能です。
  • 備蓄・搬送が容易であり、製作工期短縮、コスト縮減が可能です。
  • 中詰材にコンクリート塊等を用いれば、リサイクル利用を促進します。
  • 中詰材の空隙は、多孔質空間となり、生物の多様な生育環境を創出します。

製品仕様

4t用(MS) 6t用(MS) 8t用(MS)
形 状 袋(1重)
タイプ 耐波型・拘束タイプ(モスグリーン色*)
網 地 再生ポリエステル 2ウェルラッセル網
網構成 1670dtex × 33本 × 2
(2ウェル)
1670dtex × 45本 × 2
(2ウェル)
1670dtex × 57本 × 2
(2ウェル)
網 目 50mm目 50mm目 50mm目
網地強度 引張強度2600N/本以上 引張強度3400N/本以上 引張強度4000N/本以上
容 量 約2.5m³ 約3.7m³ 約5.0m³
中詰め材 玉石、割栗石、コンクリート塊(75mm~人頭大程度)等
質 量 約3.8~4.2t** 約5.7~6.3t** 約7.6~8.4t**

* S型(MS)に使われているモスグリーン色の網は、従来の(黒)と同等の耐候性を有しています。(黒)に比べ、自然になじむ色になりました。

** 中詰材の比重・大きさにより、質量は変動します。

波に対する安定性

フィルターユニットS型を混成堤マウンド被覆材として使用する場合の安定パラメータNs値は下図の通りです。

  • 【海】消波工、根固工、傾斜堤、離岸堤、人工リーフ、突堤
  • 【河川】根固工、床固工、水制工、締切工

製作手順

製作は従来のフィルターユニットと同様の簡易な手順で行うことができます。

袋体を製作枠にセット

中詰材を重機で投入

袋の口を縛る (拘束ロープを引き出しておく)

製作枠を引き抜く

拘束ロープを引き出し、結ぶ

完成

使用上の注意

フィルターユニットの網地の耐候性については JIS の規格による室内実験では十分な耐力を持っていることが証明されています。
耐磨耗性については現場での長期間の実績がないのが現状です。このことを踏まえ、

  1. 内湾や港内の根固め、被覆、砂止め堤、洗堀防止、藻場基板材などとして使用されることをお勧めします。
  2. 外海で砂利や砂などの底質の動きが激しい場所では十分な検討の後にご使用いただくことをお勧めします。

利用事例

港内捨石マウンド被覆

海岸災害復旧根固め工

緩傾斜護岸根固め工

防波堤マウンド被覆工 (水理実験写真)

備考

  • 参考文献 「袋型根固め材を用いた混成堤マウンド被覆材の耐波安定性と耐久性」 (港湾空港技術研究所報告 Vol.43 No.1 ,2004)

従来型「フィルターユニット」についての情報を紹介するホームページ
キョーワ株式会社 http://www.kyowa-inc.co.jp/