イオンカルチャー

藻類の生長に必要なリン、珪素、鉄等をガラス化した素材で、中に含んだ成分を水中でイオンの状態で溶出します。
光合成を促進する鉄分は、藻類に直接吸収される2価のイオンの状態で溶出します。
イオンカルチャーを使用することによって、早期の藻場造成、効率的な付着珪藻の増殖など藻類の生長が促進されます。
長期に渡り、安定して継続的に成分が溶出し、また海水に含まれる成分のみから成る無害で安全な製品です。

用途

アワビ、ウニ等の種苗生産時の付着珪藻の増殖に利用する「イオンカルチャーパック」、藻場造成に利用する「イオンカルチャープレート」があります。

イオンカルチャーパック

イオンカルチャープレート

イオンカルチャーパック

  • イオンカルチャーパックはアワビ、ウニ等の種苗生産における付着珪藻の増殖を向上させます。
  • 成分の異なる3種類のイオンカルチャーと緩効性窒素の組み合わせで高い増殖効果をもたらします。
  • 餌料を安定して増殖できるので、アワビ、ウニの生長が早まり、生残率も向上します。
  • 溶出期間は約3ヶ月です。
  • 水槽に入れておくだけなので、維持管理の手間がかからず、省力化が図れます。

使用例

北海道釧路市東部漁業協同組合栽培センター
左:イオンカルチャーパックなし、右:イオンカルチャーパックあり
付着珪藻の増殖に明確な差があらわれました。

秋田県栽培漁業協会アワビ生産施設
左側2つはイオンカルチャーパックを使用した水槽の付着板
珪藻が良好に増殖していました。

イオンカルチャープレート

  • イオンカルチャープレートはイオンカルチャーを表面に露出させたモルタル板です。
  • 溶出した鉄分が光合成を活発にし、海藻類の生長を早めます。
  • 溶出期間は約10年です。
  • 形状は250×80×30mm、重量約1.4kgと手頃なサイズで取り扱いが容易です。
  • 消波ブロックには専用の接着剤を用いて取り付けます。

施工例

イオンカルチャープレート取り付け例

福島県勿来 アラメが繁茂しました

*イオンカルチャーは東洋ガラス株式会社との共同開発製品です。