Pick up 建築基礎

株式会社タダノ 香西工場用地 地盤改良工事

2017年 / 香川県 / 地盤
  • 写真提供:株式会社タダノ
写真提供:株式会社タダノ

建設用大型クレーンなどを生産する機械メーカー株式会社タダノは 高松市西部に位置する埋立地の約20ヘクタールという広大な敷地に、国内最大級となる香西工場の建設を計画しています。
本工事は、新工場建設予定地の液状化防止及び地盤沈下防止、長期地耐力確保を目的とした地盤改良工事であり、当社が世界で初めて開発、実用化したサンドコンパクションパイル工法「コンポーザー」が採用されました。本工法の選定にあたっては要求性能を満足するために、広大な敷地の現状地盤の解析を行い、経済性・工程等にも考慮した検討を実施しました。
コンポーザーの施工においては、最大8台の施工機械が稼働し、施工延長 約20万m、約23,400本 の地盤改良を行いました。

発注者

株式会社タダノ

竣工年

2017年

施工場所

香川県

工事概要

工法:コンポーザー
仕様:最大8台
数量:コンポーザー ΣL≒200,000m 23,400本 プレロード工68,500m3(撤去工ΣV=50,200m3)

事業区分

地盤事業

適用技術&ソリューション