ホーム > 会社案内 > 事業継続計画

事業継続計画(BCP)

 大規模な災害が発生した場合、企業の社員やその家族、また、会社施設に被害を受け、事業活動を継続することが困難になることはもとより、社会資本などの被災により日本の社会経済活動、牽いては国民生活全体に重大な支障が生じることを私たちは過去の経験から学びました。
 当社は、「独自の技術と創意工夫で、豊かで安全な環境づくりに貢献します」を経営理念とし、独自の技術とノウハウで「災害に強い国づくり」に貢献することを目指しており、大規模な災害が発生した場合には迅速に社会資本の復旧活動を行うことが当社の社会的使命であり、最も重要な社会貢献であると認識しております。このため、社員や家族の生命・身体の安全を確保しつつ、中核となる事業を継続することによって企業活動、社会資本の復旧に全力で取り組むことができるよう事業継続計画(BCP)および危機管理マニュアルを策定しました。

 想定される被害や、復旧に要する経営資源の確保などを考慮し、業務の重要性に応じて復旧すべき目標時間を段階的に設定しており、48時間以内に復旧活動を開始することを目指します。

■基本方針
  ①「災害に強い会社」を目指します。
  • 社員及びその家族の安全を守り、会社の被害を最小限に抑えます。
  • 日頃から事業継続の体制を整備、改善し、事業活動を早期に回復し、継続します。
  ②「災害復旧活動による社会貢献」を目指します。
  • 社会資本の復旧、企業活動の復興など、発注者、取引先、行政などの関係者と連携し、復旧・支援活動を積極的に展開します。
  • 近隣住民、地域社会の二次災害の防止、安全確保を図るとともに、援助・救援活動を積極的に展開します。

■大規模災害時における危機管理マニュアル
   当社は、大規模災害時に円滑かつ適切に対処するため、大規模災害に関する事前準備、継続・復旧等の対応、社員の行動基準などを具体的に定めた危機管理(大規模災害)マニュアルを策定しました。
  ①緊急対策本部設置編:設置(解散)基準、組織、役割、活動等
  ②事前準備編 :大規模災害の発生に備えた事前準備
  ③初動対応編 :緊急対策本部、事務局、緊急対策班等の初動対応
  ④継続・復旧編:施工中物件、竣工案件、インフラ復旧工事への対応、地域との協調、地域貢献
  ⑤社員行動編 :発生時の社員の行動基準(就業中および就業時間外)、自宅・家族の災害対策
         BCPカードの常時携帯

   
BCPカード:
 このカードは大地震発生時における基本行動や安否報告の方法を簡潔に記載したもので、役員と社員全員が携帯しています。

ページトップへ